わきが治療で自信回復!臭いをなくす秘策を知ろう

笑顔の女性

わきがを減らす治療

腕を上げている女性

アポクリン腺の働きを阻害

美容整形外科では、アポクリン腺の働きを阻害するという方法でのわきが治療がおこなわれています。というのも、わきがの原因は、アポクリン腺から独特の汗が分泌されることにあるからです。その汗が分泌されにくくなれば、わきがも生じにくくなるわけです。具体的に美容整形外科では、ボトックス注射によってアポクリン腺の働きが抑えられています。ボトックス注射には、筋肉に過剰な力が入ることを防ぐ作用があります。これによりアポクリン腺は収縮しにくくなり、汗の分泌量が減るのです。また、レーザーによる熱で、アポクリン腺を弱らせるというわきが治療もおこなわれています。さらには、アポクリン腺自体を摘出するという手術もおこなわれているのです。これらのわきが治療により、多くの人がわきがの悩みから解放されています。

効果の持続期間

ただしボトックス注射とレーザーによるわきが治療は、定期的に繰り返し受ける必要があります。なぜならボトックス注射によって体内に注入された成分は、徐々に体から抜けていくことになるからです。またレーザーの熱によって弱ったアポクリン腺は、ゆっくりとですが自然回復していきます。そのためどちらのわきが治療も、時間の経過とともに効果が薄れてくることになります。逆に言えば、効果が薄れてきた頃に再度受けるようにしておけば、アポクリン腺の働きを半永久的に抑え続けることが可能になるということです。また、手術の場合はもともと効果が半永久的に持続します。ただし、アポクリン腺の取り残しがないよう、慎重に手術をしてくれる美容整形外科を受診することが大事です。